宇宙までの距離

宇宙教育で、太陽系の大きさや惑星を縮小して、
実感を伴って理解するということがあります。

 
太陽の大きさがリンゴくらいだと、地球は米粒とか、
地球までの距離が15mだと、海王星までは450mとか。
 
 
今、各国各社の宇宙旅行が企画している、
サブオービタル飛行が目指す高さであり、
“宇宙”と定義されるカーマン・ラインまで「100km」。
 
宇宙を目指す者として、この「100km」を走りたいという思いで挑んだ
ウルトラマラソン:チャレンジ富士五湖!
 
 
思うことは色々あるけど、やはり宇宙に行くのはそう簡単じゃない。
飛行機が飛ぶ10kmは、まだスタート地点に過ぎなくて、
宇宙観測ができる気球が飛ぶ高度40kmも、まだまだ半分以下で、
80, 90, 100と最後のちょっとずつが長く、厳しく、険しい。
 
飛行機とロケットの飛ぶ仕組みが違うように、
この長い距離の走り方もまた違うのだと思う。
 
 
けど一つだけ言えることは、
歩みを止めなければいつかゴールに辿り着くということ。
 
目標としていたサブ10が達成できないとわかり、
「ああ、最初からゆっくり走っておけば、総合タイムは良かったかな」
とか思っても、過去には戻れないわけで。
雨が降って、「晴れてたら良かったのに」
とか思っても、状況は変えられないわけで。
 
今、自分にできることをただひたすらこなし続ける。
スタート地点はいつだって今で、
考えても仕方がないことは考えずに、
できることだけを考え、できることだけを行なっていく。
 
するといつかはゴールに辿り着く。
制限時間は設けられているけど、それも考えても仕方がない。
ただただ走る。
もちろんペース配分も大事だけど、
今できることを、全力で。コツコツと。
 
 
いつか本当の宇宙に行くことを目指して。

SpaceEducation

普通の教育では、タスクが与えられている。
宇宙教育では、自分でタスクをつくり、自分で行っていく。
難しいのは、その違い。
どこまでを与えられた中で行うのか。
「環境」と「方法」
さて、
宇宙教育という枠に留まっていていいのか。

Day-Valentine’s

宇宙アサガオ日記番外編。

「Day-バレンタイン」

隠れ読者がいたことを知り、久々に更新ラブラブ

今日は可愛い後輩たちから、ちょっと早いバレンタインを貰いましたひらめき電球

『ありがとう』

小学校とか中学校以来なんじゃないかなって感じで。

もしこれを呼んでいる君が高校生までなら、

もっとワクワクして、ドキドキして、

そしてガッカリして、ガッツりして欲しい。

『その時にしかできない経験が、そこにあるから』

そして、そのチョコの味と、作ってくれた時間に感謝しよう。

『時間スケールと空間スケールを併せ持った思考で考えよう。』

アサガオの成長は止まっても、かけはしリーダーの成長は止まらない。

『将来の自分の為に、今の世界の為に、何が出来るか。何をすべきか。』

水ロケット教室

10月09日(土)
水ロケットを飛ばそう!教室@矢上祭
waterrocket2010
毎年恒例、学園祭での水ロケット教室
OB/OGも参加して、研究室の同窓会的な雰囲気。
生憎の天気ではありましたが、
いろんな人の手伝いのおかげで無事終了
お手伝いスタッフの皆様、ありがとうございます
そして、雨の中くてくれた子供たち、本当にありがとう