ヒルクライム仕様

ヒルクライムレースに向けた考察。

【軽量化】
金でタイムを稼げるのであれば、買いたいところだが・・・
コース・自身の体重・出力等にもよるが、1時間のレースだと、1kgの軽量化で縮まるのは30秒程度?
(参考:科学的ヒルクライムトレーニング)
ということを言い聞かせ、物欲をセーブ。

それでも気になる軽量化。少し考察。
・コンポーネントの変更(105→Dura Ace)
いつかは変えたい。300gくらいは軽くなる。

・ホイールの変更(BoraOne→?)
BoraOneは十分に軽い(前後で1350g)が、回転体としてはリム重量が重要とか。
ちなみにホイールの軽量化は100gで車体1kgに相当するほど効果がでるとか。

・ペダル(105→カーボン製)
回転体としては、ペダルも重要。
PD-5700がカタログ値322gなので、上位モデルorLOOK等への変更で60gは軽くなる。
コンポの変更より費用対効果は大きそうな印象・・・
いや、微々たる差か。思考がおかしくなっている。いかんいかん。
・・・と言いつつ、我慢できずにチャリショップでダッシュ!
アルテグラのカーボン製を購入。笑。

・サドル
既にそこそこ軽いもの(SanMarco Aspide:164g)が付いていることもあり、
重量より座り心地重視で、変更なし。むしろ重くてもより良いサドルが欲しい。

・その他
ブレーキ、ステム、ハンドル、しまいにはクイックレバーなんかも軽量パーツがあるが、
このあたりは、その他のレースへの汎用性と信頼性を重視して、特にこだわらない。

・ウェア類
実は結構効くと思う。当日寒くない範囲で軽量化しよう。

・ヘルメット
こちらも結構重要。首の疲れにも関係するし。
メインで使っているKASK mojitoが220g。
ヒルクライム用(&ユニフォームに合わせるため)のOGK MOSTROが180g(実測)。
下手なヘルメットより100g位は軽い計算になる。

・ボトル
さて主題。これが気になってBlogを書きたかった。
ボトルケージを高いお金を払って、カーボンにする人も多いが、
そのボトルに注目している人は少ないのでは・・・
<ボトルケージ:グラスファイバー40g程度→カーボン30g程度(その差10g程度!?)>
メーカーや製品によっても異なるが、最大でも20g程度の差かと。
一方、ボトル
<ボトル:POLAR(24oz)151g → POLAR(20oz)128g → なんかのオマケのシンプルなボトル75g>
軽い!POLARの保冷ボトル大きいものの半分!75gの軽量化。
一番安価で軽量化できるものではないかと思う。少なくともボトル2本持ちはNGかな。

・時計
サイコンと心拍計が別なので、2個持ち。
実際時計でケイデンスも速度も出るので、サイコンは不要だが、
パッと見た時に、速度・ケイデンス・距離・クロノ・心拍数がわかると嬉しい。
ということで、これは外さずに。時計100g程度は我慢。

【ポジション・セッティング】
・ハンドル高さ
空気抵抗が関係なくなるから、空気を取り入れやすくするためにハンドルは高め!?
坂道はハンドルが近く感じ、ハンドルを引いてペダリングするためにハンドルは低め!?
諸説あるので、いつも通りの高さで良いかと・・・。

・ギヤ比
脚力とコース次第でしょうが、自分は陸上中距離出身のクルクル回したい人なので、
コンパクト×後ろは最大28Tというセッティングで。
(陸上ではピッチよりストライド走法だったんだけどなぁ)

・・・ということで、ヒルクライム用に変更した箇所は、

・リアマウントボトルケージ→普通のボトルケージ(ELITE CUSTOM RACE)
・ノーマルチェーンリング(Q-rings)→コンパクト(Q-rings)
・スプロケ12-25T→11-28T
・KASKヘルメット→OGKヘルメット
・ペダル105→アルテグラ(カーボン製):急遽

Hillclimb

明日はシャカリキ登るぞー!!

2013 SUGOママチャリエンデューロ

2013/09/23(月・祝)
2013 SUGO ママチャリエンデューロ

結果:16周
総合8位(ギヤなし2位)
【個人】7周(Best 7’22, ave 8’03)
表彰:ED-1(ギヤなし部門)2位
くじ引き(アクエリアス6本)
遠方賞(一番遠くからの参加!):今年はなかった?

天気:曇時々雨
服装:サイクルウェア半袖・タイツ・アームウォーマー
栄養:手作り芋煮・BBQ、チョコレートとか

SUGO2013_1

SUGO2013_2

(memo)
・5回目のSUGO。同期とは3回目の参加!
・一昨年より2ヶ月時期が早まったが、当日は涼しい気候。
・前日14:00つくば出発、途中食事・買い出しをして、20:00頃に宿(蔵王)
買い出しは寄り道したが、ホテルに行く道の途中にもスーパーあり。
・当日は6:40発、7:30着。受付、アップ、仕出し。10:30レーススタート。
駐車場戦争があるため、早めの到着が大事だったが、
今年は同じピットに3チームで全部知り合いのため、ゆっくりで良かったか。
・10:00よりコースイン。順番待ちして一番前をGET。←大事

・途中落車によるレース中断があり、全体として16周
(1周が5人、2周が2人、自分が7周)
・一昨年の5周(Best 8’09, ave 8’25)、昨年の8週(Best 7’26, ave 8’13)
より確実に進化。レストは間2人くらい?間1人は結構キツイ
・走行時のポイントは、下りはひたすら休む。上りで踏む。
・登る際インコースは傾斜キツイから、そこそこ外側へ。
特に1回目の上りはコース取りでタイム変わる印象。アウトインアウト。
2回目の上りに入る際はアウト側で、下りの速度を生かし続けるイメージ。
あとは、斜行しつつ、ひたすら頑張る。
・登坂はやっぱり足より、腕と背筋で登る(ギヤなし)。
引くための筋力以外に握力を含め、腕全体のパワーアップ必要。
・ママチャリギヤを軽いものに変える選択肢も検討(下りはどっちみち回せない)

(参加賞・景品)
参加賞はなし。
くじ引きで、「アクエリの黄色を2lx6」。
2位で、「大きめの盾」、「カップうどん12個」と「アミノバイタル6個」。

SUGO2013_3

ミニとロードバイク

とある大会に参加した際、駐車場で
「ミニに自転車乗るんですねー、
ミニ買いたかったんですけど、自転車乗らないと思ってやめたんですよー」
という話をした。

ということで、今回は、
“ミニ(もちろんクラシックミニ)にも自転車(ロードバイク)は乗るんだよ”
というお話。

【手段1】後部座席に入れる。
ロードバイクはホイールが外れるため、前後後輪をばらすことで、後部座席に載ります。
車体(ミニも自転車も)保護のため、輪行バッグに入れてから、頑張って入れます。
フレームサイズ52とかの自転車で結構ギリギリではありますが、後ろが見えなくなる覚悟であればまだ余裕はあるかと。

mini-bike1
mini-bike2

【手段2】ルーフに積む。
ミニには専用のキャリアが売られていますので、そちらを使うことで屋根上に積載可能です。
クロモリ等細いフレームは心配ですが、ダウンチューブが太ければしっかり固定できます。
ホイールを取らなくても良いので、ママチャリも搭載可能。

mini-bike4
mini-bike3
mini-bike5

【手段3】(おまけ)助手席を外してそのまま積む。
自分はやったことないのですが、ツール・ド・ちばで発見した積み方。
助手席を外すことでそのまま積載可能な様子。

mini-bike6

ヤビツ峠2nd

人生2回目のヤビツ峠。自転車で登りました。

DeRosa Superking /
BoraOne, Q-rings50-39T, スプロケ12-25装備
記録:38’22(名古木交差点スタート)

人生1回目のヤビツは、交差点から42分、コンビニから37分@2011/11/03
(Basso Laguna / MAVIC AKSIUM, 105コンパクト装備)

yabitsu1

yabitsu2

車を利用して輪行。
ヤビツ峠入り口より10km離れた「伊勢原市総合運動公園」スタート!@8:50
ヤビツ峠までは246号を走るが、ちょっと車が多くて嫌な感じ。
ヤビツ着くまでに長い坂道もあって、嫌な感じ。まぁ、丁度よいアップとして。

名古木交差点を9:20スタート。
前半から記録狙ってガンガン飛ばしてみる。
過去のコースの記憶はなく、ペース配分無視。
信号は2つとも引っかからずにクリア。

1.5km地点:コンビニ。3’45で通過。
3.5km地点:鳥居。8’30で通過。

鳥居あたりで既に結構苦しくなる。
そこからの激坂。うーん、ケイデンス派にはギヤが足らない・・・。笑。

4.4km地点:バス停。12’25で通過。

結構順調か?という印象。
その後の林間コースもクルクル。ひたすらに回す。
斜度もちょうど良く、ギヤは39-25Tでほどよし。
ところどころもう少し軽くしたいところはあったが。

8.3km地点:展望台。26’40で通過。

ん、スタート-バス停-展望台-ゴールと、1/3ずつという感じだったような。
あと1/3はキツイな・・・。という印象。足が回らなくなってくる。
ところどころの平坦で加速!といきたいところが、レスト!という感じで。
完全なペースダウン・・・

11.4km地点:ヤビツ峠。38’22。

WEB検索すると、11.7kmと書いてあるものもあって・・・!?
GPSの誤差か、少しスタート・ゴールをチョンボしたのか。
あとは、途中でサドルが2,3mm下がってきていることに気づいた、
通りで膝が痛むわけで。もう少しベスポジなら記録上がった?

その後は、連れを迎えに下って登ってを繰り返して+10km。
宮ヶ瀬に出ようとして、通行止めで戻ってきて+25km。
ヤビツからの帰りで、また+20kmと、約80km rideでした。

<memo>
・輪行は、目的地を堪能できてなかなか良い。
・ヤビツ平均5%の勾配で、39-25Tの組み合わせでギリギリ?むしろ足りない?
・裏ヤビツを登るのは初めてでしたが、斜度が程良く、路面さえ荒れてなければ良いコース!
シクロでブロックタイヤ履いて登ろうかなぁー。

yabitsu3

自分で言うのもアレですが・・・DeRosa × BoraOneのブラックがカッコイイ!

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ

(久々の大会、久々のBlog更新)

2013年8月11日(日)
そでがうらサマーサイクルロードフェスタ(HP

エントリー:グランプリ/ロードレース(ビギナーⅠ)
記録:グランプリ予選47位(1.3kmTT ave. 39.82km/h)予選通過、決勝DNS
ロードレース50位/94人(12km ave. 36.11km/h)一周はローリングスタート

天候:晴れ。37℃!?猛暑。
服装:
・サイクルジャージ上下(半袖)
・レース用グローブ、ヘルメット、サングラス(ピンク)

コンディション:
・全体としては調整・グリコーゲンローディングOK
・54kg(前日)
・8:00レーススタート、7:00頃会場着で、アップはグランプリ予選で。

sodegaura

<memo>
◆グランプリ
・予選はタイムトライアルと言いつつ、100人くらい一斉スタート
 集団が3周目辺りに加速し、それに付いていったもん勝ちな雰囲気。
 自分は出遅れ、6週目くらいに2,3人でアタック。
・上位50名が決勝のロードレースに進めるが、16時からと時間が7時間くらい空くためDNS。
・大外回りのコースで走りやすい。

◆ロードレース
・ビギナーIで参戦。
 (ビギナーIIが一番下のクラスで、下から2番目)
 ただし、参加者の格好やバイクはかなりレベル高い・・・。
 同じシリーズの別の大会では、ave.40km/hくらいで勝負。
・一周目はローリングスタートで、実質4周の10km程度のレース。
・100人くらいの集団で40km/hでR25mのコーナーを曲がるのが怖く、
 空いているスペースを選んでいると、ズルズル後ろへ・・・
 直線で一人踏んで追いつくも、ラスト2周あたりで完全に中切れ。
 集団を追う仲間もいるわけもなく、そのままゴール。
・コーナリングが上達すれば勝負になるレベルだろうが・・・
 勝負云々以前のスキル不足。反省。

URBANATHLON 結果

2013年4月14日(日)
Reebok URBANATHLON
オトナの障害物競走!

の記録が出たので、追加更新。

ただ、周回数を間違えた人が多いらしく、こんな状態。
UA+1
「今大会において、コース・周回設定が解りづらく
混乱をまねいてしまいましたこと、お詫び申し上げます。
記録公開については、スタートからフィニッシュタイムに至るまでの、
参考記録として公開させていただきます。」

おそらく、障害物6から7の間で一周走る必要があるが、
そのまま障害物7に入った人が多く、一周回不足していたと思われる。

それで本日公開された記録だが、RUNNETで個人を検索して記録を見る形式。
UA+2

ただし、種目で検索をかけるとおそらくその種目に参加した人全てを見ることができる。
参加した「ソロ男子の部」を選択。全27ページ。
勝手にExcelに貼り付けて、周回数順・記録順にソート。

URBANATHLON_result

7周走った強者や、3周で終わったと思った人はどのようなルートを辿ったかわからないが、
ルール通りに5周走った人のタイムを見ると・・・あれ、4位?!
3位まで表彰対象で、ギリギリ逃したことに。ああ残念。

という、残念ながらも記録が知りたくて集計した結果でした。
【4位/536人】

※トップ集団で最後トラックを一周余分に走ってゴールした人がいたとの噂
(会場実況アナウンスの様子と走り終わった後前の順位の話より)だったが、
トラック一周2分もかからないことを考えると、何かの間違いかな。

URBANATHLON

2013年4月14日(日)
Reebok URBANATHLON
オトナの障害物競走!(約7.2km)

UA1

UA2

UA3

天候:はれ。強風
記録:28’53くらい(4’00/km程度?!)、順位は5位くらい!?
服装:UA半袖・ハーフタイツ・ソーティ
コンディション:
・スピード練不足、足は疲労ゼロ
・グリコーゲンローディングはOK
・アップは2kmjogと体操

<memo>
・国立競技場開催、トラックとスタンド裏の周回コース
・9:00頃受付、10:00スタート
・200人ずつくらいのウェーブスタート(男子3ウェーブ、女子1ウェーブ)

・コースは次に何の種目かわかりづらい、一周足りずにゴールする人多数
(第1ウェーブで、トップ集団にいたため、
自分より先に障害物している人は2,3人しかいないはずなのに、
障害物7あたりで多数の人が前に!自分が一周足りないのかとビックリ)
・障害物が終わったらGetできるカラーバンドを走りながら巻くのが大変
(特に当日強風のため)
・全体として距離が長く(total7.2km、障害物間max1.5km)、単純に走力が必要
障害物で休める(ランで酷使する筋力・体力以外を使う)かと思ったが、実際はそうでもない。

・以下、障害物の詳細
障害物1:タイヤフロアー
タイヤが置いてあって走るだけ。
スタートして300mで訪れる。
渋滞を予想して4番目くらいで通過。

障害物2:階段のぼり降り
降りてのぼって降りてのぼってを2往復。
ランの延長で、普通にキツい。

障害物3:バリケード
ハードルをくぐって、飛んでの繰り返し。
くぐった直後に飛ぶ必要があって、スピードは出にくい。
身長小さいとくぐるの有利。ハードリングも得意。

障害物4:パレットジャンプ
大きな階段を2段のぼって、落ちるだけ。高さ1.5m程度?
着地で足を痛めそうな感じで、難なく通過。

障害物5:自動車くぐり
ハードルくぐるのと同じような感じ。2mくらい這って進むだけ。

障害物6:うんてい&てすり
うんていは間隔が短い・長いを繰返し、タイミング取りづらい。
得意と思っていたが、棒も太く、走った後で、思ったより難しい。
手すりは、楽ちん。

障害物7:人混み都会ウォーク
網が張り巡らされているところを通るだけ。
ミッションインポッシブルのレーザーを避けるみたいな。
決して人混みを避けているような感じではない。

障害物8:都会大避難
こちらの方が都会の人混みを避けるようだなぁーという「障害物避け」と
「壁のぼり」「網くぐり」の3点セット。
壁のぼりはロープを使っても厳しそうなので、懸垂で登る。
皆さんお尻をして貰ったりアシストしてもらってた。
網くぐりは、まさに障害物競争という感じ。あんパンとか借り物はないけども。

UA

<参加賞>
Tシャツ(色はくじで決まり、黒・グレー・白?)

2013板橋Cityマラソン

2013年3月24日(日)
2013板橋Cityマラソン

エントリー:42.195km(フルマラソン)
人生で5回目、2013年度初フルマラソン。
(高校生で若潮、2011年度に筑波・勝田・ロケットマラソン)

天候:くもり。12℃くらい。
一週間桜咲き始めるくらい暖かかったが、当日は調度良い。

記録:2:54:47(ネット)/2:56:08(グロス)、総合65位
<自己ベスト!>

服装:
・Tシャツ、アームウォーマー+ゴミ袋(45l!)
・ランパン、ハーフタイツ
・5本指ソックス、手袋
・ターサーJAPAN

コンディション:
・一週間前に4’40程度で20km走。その後は回復に努め、足は良好
・グリコーゲンローディングも完璧
・前日のダノンビオが効果的(効果的過ぎて下すギリギリ?)
・55kg(前日)
・アップは準備運動のみ

Itabashi01

<memo>
・6時間睡眠、5時起き、会場1時間半前着。
・気温低めでウェア悩むも、半袖ハーパン。結果◎
・スタートは陸連登録者(速い遅い関係なく)が前にいて、すぐにスタート不可。
・コースはフラット。給水は3kmくらいに一回あって走りやすい。
・例年風が強いらしいが、今回はそうでなかった。
・水・栄養は積極的に摂取。こまめに回数を多く。
・レース中の栄養補給は、SHOTS1個@15km付近、チョコ3,4個、塩飴4個常に食べながら。
・スポンジで足への冷却も実施。
・全体としては今までのフルで一番楽に走れた。
・走り終わって、こっちを向けばあっちが攣り、あっちを向けばこっちを攣り状態。
それなりに出し切ったということか。
・精神的には、カウントダウンせず、25kmまで楽に。
次に楽に5km走って30km。
あと10kmではなく、ようやく半分という気持ちで、またまず5km。
35kmになったら、さらにまた5kmのつもりで、2km走って、
ようやく、残り5km・・・だけど、まだ積み重ねて。
3km走ると、40kmで、残り2kmで本当のカウントダウン。

<timeline>
・スタートの場所取り△。遅い陸連登録者で最初の1kmはキロ6分程度?
→あと2分は稼げる。
・15kmまで楽に走れる。4’05/kmくらいのペース維持。
・21km折り返しまでも順調。少しふくらはぎが冷えて攣りそうになることも。
・25km折り返して向かい風、無理せずに4’10/kmくらい維持。
・30kmで少しキツくなるも、これまでで一番楽な30km越え。
・35kmも問題なく通過。気持ちを切らさないように変に疲労を意識しない。
・40kmでようやく体が動かなくなってくる。
サブスリーは確実で少し気も緩んだが、ペースは落としすぎずに走る。
(もっと強い気持ちがあれば、キロ10秒、計20秒くらいはいけたか?!)

<laptime>
Start 0:01:21
5K 0:22:28 0:21:07(4’13/km)
10K 0:42:24 0:19:56(3’59/km)
15K 1:02:31 0:20:07(4’01/km)
20K 1:22:40 0:20:09(4’02/km)
21.0975K 1:27:02
25K 1:43:01 0:20:21(4’04/km)
30K 2:04:00 0:20:59(4’12/km)
35K 2:24:54 0:20:54(4’11/km)
40K 2:46:27 0:21:33(4’19/km)
Finish 2:56:08 0:09:41

<参加賞>
タオル
参加賞少なめだが、参加費6000円だったから良いかと。

Itabashi02

CSCAデュアスロン3rd

2013年3月17日(日)
CSCAデュアスロン3rd
http://www.csca.rgr.jp/index.html

CSCA3rd_4

天気:晴れ(ぽかぽか陽気)/風強め
種目:1stRun:4.5km(3周),Bike:30.0km(20周),2ndRun:4.5km(3周)
結果:1:31:17(総合13位,39歳以下の部11位 /142人)
1stRun:17:17(6位),Bike:54:33(21位),2ndRun:19:27(13位)
オフィシャルWEBサイト結果

服装:UA半袖、サイクルジャージ、ハーフタイツ、ビブショーツ(ハーフ)

CSCA3rd_1

CSCA3rd_2

(memo)
・9:00発、10:30着、12:20召集、12:30スタート。
・1周1.5kmコースをRunは3周、Bikeは20周の周回。200人近く一斉スタート。
Bikeは渋滞で、Run勝負になるかと思い、はじめから飛ばし気味。
1stRunは気持ちよく走れたが、前回(カーフマン)同様、2ndランで失速・・・。
Bikeの練習不足?
・景品が豪華なCSCAだが、表彰まではまだまだ。ショートの方が狙い目?
・大会自体はアットホームで、コース脇に公園もあり、のどかで楽しい感じ。

【1stラン】
・非常に順調。スピード練習していないのに、良い感じ。
・第2集団の2番目でトランジションへ。前の方走れるのは楽しい!

【バイク】
・トランジションは、トランジションエリア芝生のため、靴履き替え作戦。
やはり飛び乗りに比べると時間かかる印象。
・1周結構正確に1.5kmで、周回数間違えることはなかった。
(リザルトで一周多く走っている選手もいたが・・・)
・アップダウンが多少あり、上り×向かい風で切り替えが難しかった。
テクニカルコースで飛ばし切れない感じ・・・コーナリングの下手さが際立った。
・5周目あたりから腰に痛み。完全にBike練不足か。

【2ndラン】
・2ndランスタート時は、ふくらはぎ攣るも、500mくらいで回復。
・靴紐を締めすぎて、足先に血液が行かない感じに?足裏痛み。
・お腹が痛み、気持ち悪い感じに。ペースも最悪。脱水症状気味?
(要処置:次回はBikeで水分大目に摂取)

(参加賞)
なし。
豪華な景品達は横目で見るだけ・・・

CSCA3rd_3

UNISEC10周年記念イベント

心に残った言葉のメモ。

・UNISECの今後は自分たちが決めていく。
今後第二世代へ。OBOGが引っ張っていけるように。

・UNISECで学べることは「厳しさ」、人間の評価には情が入るが、ロケット衛星は厳しい。
ダメならダメ、頑張ったから上手くいくわけではない。

・ARLISS経験者と、未経験者の差は大きい

・何かやるときは1本に絞らず、2つ突き進めよ。2つのものの見方ができるよう。

・PMはスケジュール管理etcではなく、人の気持ちを作ることが一番大切。
絶対に成功させるという気持ちを作ることができれば後は勝手に動く。

・国際連携力は英語だけではない、複数の立場から考えられる力が大事。
ここで交渉力に差が出る。

・会社で必要なのは「技術を伸ばす人」と「新しいことをやる人」
学生時代に中心にいないとダメ、フォロワーは新しいことをやる経験にならない

・白紙から新しいことをやる経験は学生でしかできない

・学生と産業界etcの交流をもっと盛んに。
インターンや社会人がUNISECの大学へプロジェクトを経験するような仕組みが必要

・無知だったからこそ進むしかなかった、イノベーションは無知から
無知であることに謙虚で、無知であることを理詰めで補った

・UNISECでもっとイノベーションを。現役+OBで。

・宇宙の裾野が広がると、就職先として宇宙以外に行く人も出てきて、サポータが増える

・開発をしていないと勘が鈍る、会社としても懸念

・少ない予算・少ないリソースで物事を達成できる人材がUNISECでは育つ。
UNISECにお金を付けることで、結果的にトータルで日本の宇宙開発予算を減らせる?
(同じ予算で、より多くのミッションを実現できる?)

・メーカにとって、どうシステムエンジニアを育てるかは課題

・UNISEC加盟団体は複数の専門を持っていて、
戦略的に複数大学の得意分野を束ねられるようなことに期待

・新しいプロジェクトを作り続けよ

・UNISECとして、海外のキャパビルに役立っていることは確かだが、
はたしてそれはUNISECの本質なのか